青速

   面白いまとめブログを作れるようにがんばります。

    カテゴリ: スポーツ






    【【速報】W杯予選、日本はH組 コロンビア、ポーランド、セネガルと同組】の続きを読む




    引用:http://2ch-ranking.net/cache.php?thread=asahi.5ch.net/newsplus/1511661108/&till=100

    1: 赤黒梟 ★ 2017/11/26(日) 11:33:45.28 ID:CAP_USER9
    「広島母艦に新潟戦闘機」上西小百合氏また浦和やゆ

     元衆院議員の上西小百合氏(34)が25日、J1浦和レッズが10年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグを制したことに対し、
    ツイッターで「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」(コメントは原文のまま)とツイートした。

     詳細については語っていないが、この日先発した元サンフレッチェ広島のGK西川周作、DF槙野智章、MVPを獲得したMF柏木陽介を「航空母艦」、
    後半43分に第1戦に続き決勝で2戦連続ゴールを決めた、元アルビレックス新潟のMFラファエル・シルバ(25)を「戦闘機」に例え、
    他チームの戦力を使って優勝したとやゆしたとみられる。
    この日ベンチには元広島のDF森脇良太も入り、チームのベースを作り、7月に解任されたミハイロ・ペトロビッチ前監督も、浦和の前に広島を率いていた。

     上西氏は、7月15日の浦和とブンデスリーガのドルトムントとの親善試合の後、
    「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイッターで批判したことが、サッカーファンの間で物議を醸し、議論を呼んだ。

     さらに同17日にツイッターで、浦和への訪問を予告した上で、浦和サポーターに対して
    「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと批判的なツイートをした。

     同20日には「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。私との面会を辞退するとの事でした。
    理由は“わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、
    日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」と、浦和の広報部を批判。
    「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。
    私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。
    百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね」(コメントは原文のまま)と
    Jリーグ百年構想に引っかけて批判を繰り返した。

     揚げ句に同22日には「くたばれレッズ!」とツイートしたことで、大阪の事務所に浦和レッズファンを名乗る人間が押しかける騒動にまで発展した。

     浦和のACL優勝から1時間後、再び浦和を批判するツイートをしたことで、ツイッター上では「炎上騒ぎを起こしたいのか」などと怒りの声が出た。
    一方で「実は、浦和のことが好きじゃないのか?」など、さまざまな意見が飛び交い、
    コメントは165件、リツイートは1016件に上った一方、いいねも825件あった。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711250000831.html

    前スレ
    【サッカー】上西小百合「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511626284/

    【【サッカー】上西小百合「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」】の続きを読む




    引用:https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1511563479/


    1: 名無し募集中。。。 2017/11/25(土) 07:44:39.59 0
    <25日付の「スポーツニッポン」芸能面の、超衝撃メガトン級大スクープです>
    サッカー日本代表のMF柴崎 岳と、「まのえり」こと真野恵里菜が真剣交際!
    http://www.sponichi.co.jp/shimen/ichimen/tokyo/index.html

    http://iup.2ch-library.com/i/i1870334-1511558440.jpg
    ※前スレ
    【スポニチ】サッカー日本打表MF柴崎 岳と真野恵里菜が真剣交際
    http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1511555709/

    【【朗報】サッカー日本打表MF柴崎 岳と真野恵里菜が結婚視野に真剣交際 1年前から遠距離恋愛をしていた模様】の続きを読む




    引用:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511449343/

    1: 動物園φ ★ 2017/11/24(金) 00:02:23.81 ID:CAP_USER9
     日馬富士の暴行事件に関連して、来日している元小結・旭鷲山が23日夜、貴ノ岩と電話で話したとする内容を、自身のフェイスブックで公表した。

     23日午後9時半頃に更新された旭鷲山のフェイスブックによると、23日午後6時、旭鷲山のもとにかかってきた電話で貴ノ岩は、「当時何が起こったか本当のことを言います」と、次のように話したという。

     「ニュースで横綱・日馬富士と喋(しゃべ)っている時に私が携帯電話をいじっていたというのはウソです」「みんなで話しているときにちょっとだけ携帯電話をいじった時、急に日馬富士がやって来て殴り始めました。灰皿やカラオケのリモコンなどで手当たり次第に殴られました。僕は両手で頭を抱えていました。4、50回ぐらい殴られました」

     「翌日、病院に行きました。医者が僕を診て、びっくりして頭を縫いました。僕の床山さんもうまく髪を結えませんでした」

     「事件後、部屋に戻った時に頭痛がひどくなり、片方の耳が何も聞こえなくなっていました。今もちゃんと聞こえません」

     「11月2日に頭がすごく痛くなって病院に行きました。11月4日にもう一回病院に行き、5日に入院しました。その日も耳が痛くて眠れませんでした。診断書には『頭が割れた』と書かれていました」

     「(貴乃花)親方が怖くて、事件のことを誰にも話さず秘密にしようと思っていましたが、親方が知ってしまい、警察に被害届を出しました」

     なお、事件発覚後、貴ノ岩はまだ公の場に出ていない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171123-00000063-nnn-soci

    【【相撲】貴ノ岩「当時何が起こったか本当のことを言います」】の続きを読む





    引用:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511422203/


    1: 豆次郎 ★ 2017/11/23(木) 16:30:03.82 ID:CAP_USER9
    速報! プロ野球選手が"公然わいせつ"か
    2017年11月23日

    読売巨人軍の低迷が深刻化するなか、球団首脳を悩ませる〝爆弾〟の存在が浮上した。ある捜査関係者が次のように打ち明ける。

    「10月25日、巨人の若手エース投手Aが読売ジャイアンツ球場に近い多摩地区を管轄する警視庁多摩中央署による取り調べを受けたというのです」

    Aといえば、昨年10勝を挙げるなど、最もブレイクした若手投手。不調に喘ぐ巨人軍にとっては、なくてはならない存在だ。

    いったい、どのような容疑だったのか。

    「その日、『不審な動きをしている車がある』という通報を受け、多摩中央署員が現場に向かったところ、そこには1台の車があった。車内でAは陰部を露わにし、自慰行為をしていたのです。車内とはいえ、公衆の目に触れる可能性がある〝公然〟の場所。公然わいせつの容疑がかかり、取り調べを受けることになった」(同前)

    驚いたのは多摩中央署員のほうだ。

    〝被疑者〟が有名投手だったことが発覚したため、同署は「所轄では扱えない」という判断を下した。

    「その後、担当部署は警視庁本部生活安全部保安課に変更された。結局、読売は保安課と話し合いを持ち、始末書一枚で捜査終結と相成ったのです」(同前)

    それをいち早く掴んでいたのが週刊新潮だ。同誌は10月下旬、多摩中央署と読売巨人軍に取材を申し入れた。慌てた読売は、球団社長がみずから新潮社に出向き、〝車内オナニー〟を認めた上で「記事にはしないでくれ」と直訴したという。

    ある週刊誌記者が内幕を明かす。
    「その後、フライデーがこの情報をキャッチし、11月中旬に読売巨人軍に取材を申請した。その直後、新潮と同じように球団社長と役員が雁首揃えて(発行元の)講談社を訪れ、『どうか記事にしないでほしい』と懇願したそうです。結局、〝貸し1〟として記事は見送られたのです」

    みずから球団社長が出版社に出向き、記事掲載の取りやめを直訴するという異例の行動に出た理由は何だったのか。

    「読売巨人軍は新潮社、講談社の上層部と、どのような密約があったのか――それが謎なんです。記事を潰された現場の記者は憤っていますよ」(同前)

    現在、Aは何事もなかったかのように球場に足を運んでいるという。

    取材・文◎編集部

    http://tablo.jp/street//news002522.html
    写真はイメージです
    http://tablo.jp/street/img/77c67a7510a66eec3d6ed1fe5483e11413049b90.jpg

    【【速報】巨人の若手エース投手Aが車内で陰部を露わにし自慰行為"公然わいせつ"か】の続きを読む

    このページのトップヘ