青速

   面白いまとめブログを作れるようにがんばります。

    カテゴリ: 国際

    金

    画像は産経ニュースより引用:
    http://www.sankei.com/world/photos/170914/wor1709140018-p1.html
    引用:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505348540/

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木)09:22:20 ID:hQ8
    14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、
    報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。

     その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

     声明は「わが軍や人民の声」として、「日本の領土上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても
    正気を取り戻さない日本人をたたきのめさなければならない」と主張した。

     さらに、米国を「決議でっち上げの主犯」と決めつけ、「わが軍や人民は、米国人を狂犬のように棒で打ち殺さなければならないと強く主張している」と警告。
    声明の英語版は日本人を「ジャップ」、米国人を「ヤンキー」と蔑称でののしっている。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000028-jij-kr

    【【悲報】キムさん「日本を核爆弾で海に沈める」と声明】の続きを読む

    ドゥテルテ
    画像は産経新聞より引用:http://www.sankei.com/world/photos/170803/wor1708030049-p1.html
    引用:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1505114724/0-

    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です [agero!!agero!!] 2017/09/11(月) 16:25:24.83 ID:0Tp9TcHd0.net BE:895142347-2BP(1112)

    <ドゥテルテの長男と娘婿がよりによって麻薬の取引に絡んでいた? 入れ墨や売人と一緒の写真も出てきて、「少年でも容赦しない」と言ってきただけに対応が注目される>

    フィリピンのドゥテルテ大統領の長男でミンダナオ島ダバオ市の副市長を務めるパオロ・ドゥテルテ氏(42)は9月7日、フィリピン議会上院の公聴会で宣誓の後、証言を行った。
    そこで追及されたのはパオロ氏と、ドゥテルテ大統領の娘婿、義理の息子にあたるマナセス・カルピオ氏の2人が麻薬密売組織の犯罪に関与したのではないかという疑惑だった。

    フィリピンではドゥテルテ大統領の強力な指導力の下、麻薬犯罪根絶を目指していわゆる超法規的殺人が続いている。
    このため麻薬関連犯罪の容疑者のみならず、常習者や関係者まで多数が司法手続きによらずに射殺される事態が頻発、これまで殺害された麻薬犯罪関係者は数千人規模に及ぶといわれ、
    国際的な人権団体、フィリピン国内のキリスト教組織や野党勢力から「深刻な人権侵害事件」との批判や糾弾を受けている。
    ドゥテルテ大統領はしかし、依然として80%近い国民の圧倒的な支持を背景に「さらに麻薬犯罪には強い姿勢で臨む」とその強硬姿勢を崩していない。

    そのいわばドゥテルテ政権の実の息子、義理の息子が共に麻薬犯罪との関連で疑惑をもたれ、上院で証言する事態になり、ドゥテルテ大統領も困惑しているだろう。
    疑惑の経緯は、8月にフィリピン税関の通関業者が中国からの輸入物資の積み荷から発見された覚せい剤であるメタンフェタミンの結晶を法律に基づいて処理しようとしたところ、
    パオロ氏とカルピオ氏の名前を耳にした、と上院で証言したことが発端となっている。

    上院ではこの証言を手掛かりに2人がメタンフェタミンの結晶の積み荷を税関当局に圧力をかけるか、賄賂を支払って容易に持ち込めるように計らった容疑がある、として2人から直接証言を求めることになった。
    この時のメタンフェタミンの結晶は時価64億ペソ(約136億円)といわれている。

    疑惑を全面否定するも入れ墨は肯定

    上院の公聴会でパオロ氏は「噂に基づく主張には答えられない」と述べ、
    カルピオ氏も「違法な麻薬の積み荷に関しては一切知らないし、全くその問題には関与していない」と揃って疑惑を全面的に否定した。

    ただ、公聴会で疑惑追及の急先鋒で、反ドゥテルテの立場でもある野党のアントニオ・トリリャネス議員が「パオロ氏の背中には竜の入れ墨があり、それが何より麻薬犯罪に関連する組織のメンバーであることを示している」との指摘。
    これに対してパオロ氏は入れ墨の存在を認めざるを得ず、さらにトリリャネス議員がパオロ氏が麻薬組織関係者とされる人物と共に写る写真を示して追及するなど、疑惑を完全に払しょくすることはできなかった。

    ドゥテルテ大統領は大統領に就任する前に長年市長を務め、やはり強硬な麻薬犯罪対策などで治安を飛躍的に向上させた実績があるミンダナオ島ダバオ市。
    現在はドゥテルテ大統領の長女、サラ・ドゥテルテさん(39)が市長、そして長男のパオロ氏が副市長としてドゥテルテ大統領の市政を引き継いでいる。カルピオ氏はサラ市長の夫である。

    こうしたドゥテルテファミリーが完全に市政を掌握しているダバオでは、麻薬関連犯罪そのものは封じ込められている一方で、
    有力者が完全にコントロールして「安定供給が確保されている」との情報も根強く、今回のパオロ、カルピオ両氏に対する疑惑もこうした情報を裏付ける形となっている。
    ドゥテルテ大統領はかつて麻薬犯罪に関わる容疑者は少年であれ容赦しない、との立場を公にして批判されたこともあるが、
    身内である長男、女婿が麻薬犯罪にもし関与していたとなれば、政治的には厳しい局面に直面することになる。
    次期大統領候補として名前も挙がっているサラ市長の政治生命も完全に絶たれることになるだけに、疑惑の完全否定、払拭に躍起となるのは当然だ。
    パオロ氏らの名前を聞いた、と最初に証言した通関関係者もその後「2人の関与の事実はない」と態度を180度転換しているが、これも政権側からの圧力に屈した結果との見方が強い。ドゥテルテ大統領自身は、まだ息子たちの疑惑については何も発言していない。

    【【悲報】ドゥテルテの息子、麻薬取引疑惑】の続きを読む

    このページのトップヘ